キャンドルの育て方

HOME | キャンドルの育て方
キャンドル点灯

「キャンドルを育てる」とは

キャンドルの灯し方にはコツがあり、灯し方によって、その形状や寿命も変化します。より長く、最後まで楽しめるようにメンテナンスしながらキャンドルを楽しむことを「キャンドルを育てる」といいます。

上手に育てる事ができれば、底まで燃え尽きて芯が無くなるまでその灯りを楽しむ事が出来ます。キャンドルの灯りだけでなく、その成長過程を楽しめるのもキャンドルの醍醐味のひとつ。形状を変えながらゆったりと燃え進むキャンドルの所作や、ゆったりとした時の流れを最後までお楽しみいただけるよう、このページではキャンドルの育て方やトラブルシューティング、より快適にキャンドルを楽しんでいただくための方法などをお伝えしていきます。

準備中

Vol.1 キャンドルの育て方

キャンドルを最後まで灯しきるコツをお伝えします。

準備中

Vol.2 ロウ垂れや決壊を防ぐ方法

長時間点灯によりロウが溢れ出てしまったり、キャンドル内部が高温になったことで側面から決壊してロウが溢れてしまった場合の対処方法や予防方法をお伝えします。

準備中

Vol.3 点灯時にススが出たり、炎が長時間揺らぐ場合の対処方法

キャンドルを灯していてよくあるトラブルが、点灯時に黒いススが出たり、炎の揺らぎが大きすぎること。そんな時の対処方法をお伝えします。

準備中

Vol.4 ススが出ないキャンドルの消し方

キャンドルを消す時、黒いススや白い煙が出てなかなか消えないことはありませんか?今回はススや煙が出ず、次回点灯もしやすくなる、キャンドルにも優しい安全な消し方をご紹介します。

準備中

Vol.5 キャンドルの受け皿についたロウを取る方法

キャンドルを灯す機会が増えると気になるのが、受け皿についてしまったキャンドルの燃え残りやロウです。今回は簡単に綺麗に取る方法をお伝えします。

準備中

Vol.6 キャンドルのロウが床やカーペットについてしまった時の対処法

キャンドルを移動させる際など、ついうっかりロウをこぼしてしまうことも。特にカーペットや衣類など布にこぼしてしまうと本当にガッカリするものです。今回は、こぼしてしまったロウを取る方法をお伝えします。

準備中

Vol.7 キャンドルに傷がついてしまった時の対処法・キャンドルをピカピカにする方法

大切にしているキャンドルに傷がついてしまうのは悲しいものです。今回は、キャンドルに傷がついてしまった時に目立たなくする方法をお伝えします。なお、この方法を使うことで、キャンドルをピカピカにすることもできます。

準備中

Vol.8 キャンドルの楽しみ方

キャンドルを使うことに慣れてくると、色々な場面で使いたくなってくるもの。今回は、キャンドルを使うことでより気分良く暮らせる、様々なシーンでの使い方をご紹介します。

準備中

Vol.9 あると便利なアイテム

キャンドルを日常使いするのに役立つアイテムをご紹介します。